業務用・産業用のお客さまへの各種製品・サービスは、Daigasエナジー㈱がご提供いたします
Daigasエナジー
厨房
厨房機器に関する情報がご覧いただけます。
ショールームの情報もこちらのページをご覧ください。

そこが知りたい!厨房探訪

Vol.05

市立芦屋病院さま

ガスエネルギーで省エネ・節電に大きな効果 「涼厨」で涼しく快適な厨房が実現しスタッフが笑顔で働ける環境に

写真イメージ

導入機器

  • ジェネライト
  • ガスヒーポン
  • ナチュラルチラー
  • ガススチームコンベクションオーブン
  • 「涼厨」ガスフライヤー
  • 「涼厨」ガス回転かまど
  • 「涼厨」ガス丸形炊飯器
  • 「涼厨」ガス食器洗浄機

緑豊かな環境のもと、良質な医療を提供し地域社会に貢献しておられる市立芦屋病院さま。クリーン&グリーンをコンセプトに完成した新病棟には、マイクロコージェネレーションシステムのジェネライト、空調時に発電するガスヒーポン ハイパワーエクセル、気化熱利用の空調システムのナチュラルチラーを導入していただきました。また、ガスの涼しい厨房「涼厨」も採用していただいています。

「涼厨」で環境改善、ガス空調とガス発電で高まる省エネ効果

市立芦屋病院さまは、2012年に新病棟を建てられる際、外来棟と管理棟もリニューアルされ、厨房も新設されました。「以前の厨房はとても暑く、湿度も高かったので、現場のスタッフが快適に過ごせる厨房にしてほしいと、強くお願いしました。それが食品の安全性にもつながると思います」と、管理栄養士の澤田かおるさま。 そこで導入いただいたのが、「涼厨」の製品です。「涼厨」は、断熱仕様のため機器表面の温度が低く安全にお使いいただけるほか、輻射熱を抑える構造で、背面の排気筒からの集中排気で熱気の拡散を防ぎ、厨房全体の室温上昇を防ぐことができます。「前に立っても熱気を感じませんし、冷房の効きがとてもよくなりました」と、大変喜んでいただいています。

常食の昼食例写真
常食の昼食例。フライヤーで揚げた白身魚をレモ
ンソースでさっぱり仕上げ、豆腐や冷野菜はスチ
コンで蒸して調理
市立芦屋病院 管理栄養士 澤田かおるさま
市立芦屋病院
管理栄養士
澤田かおるさま
市立芦屋病院 施設担当課長 谷山 敏彦さま
市立芦屋病院
施設担当課長
谷山 敏彦さま

また省エネと節電をはかるために、太陽光発電と都市ガスによる発電のエネルギーシステムを構築されました。ジェネライトによってガスで発電するとともにその排熱をナチュラルチラーの熱源として利用。ガスヒーポンのハイパワーエクセルは、空調時のエンジン余力で発電します。省エネに積極的に取り組んでおられる姿勢は、芦屋市長さまからも高い評価をいただいています。「ガス空調とガス発電で、発電のピークカットもでき、よりいっそうの節電効果が生まれました。ランニングコストも前年度に比べて大幅に削減することができました」(施設担当課長の谷山敏彦さま)このように、節電やコスト面でも大変ご満足をいただくことができました。

市立芦屋病院さまで使用している導入機器ラインナップ

導入機器ラインナップ写真

前に立っても熱気を感じにくいと好評の「涼厨」ガス回転かまど

導入機器ラインナップ写真

機器表面の温度が低い「涼厨」ガス丸形炊飯器

導入機器ラインナップ写真

1台で何役もこなすガススチームコンベクションオーブン。ホテルパン10枚の機器2台を料理によって使い分けている

導入機器ラインナップ写真

「涼厨」コンベア式ガス食器洗浄機。洗浄中も蒸気があふれず集中排気され、低輻射熱のため熱気がこもりにくい

導入機器ラインナップ写真

高効率の「涼厨」ガスフライヤー

導入機器ラインナップ写真

ガスで発電するジェネライト35kW

導入機器ラインナップ写真

ガスで冷房するナチュラルチラー合計6台冷房能力540冷凍トン

導入機器ラインナップ写真

小電力のガスヒーポン 合計23台 394馬力。うちハイパワーエクセル13台 228馬力

今回紹介した施設

市立芦屋病院
安全で良質な医療を提供しながら地域社会に貢献する総合病院。創立60周年を迎え、2012年に新病棟が完成。海を見晴らす屋上庭園や緩和ケア病棟など、施設・設備面の充実だけでなく快適な居住性も兼ね備え、また、診療面もいっそうの強化をはかっている。

  • 所在地:兵庫県芦屋市朝日ヶ丘町39-1
  • 電話:0797(31)2156

診療科目/内科、消化器内科、血液・腫瘍内科、糖尿病内科、循環器内科、緩和ケア内科、小児科、外科、産婦人科、整形外科、眼科、耳鼻いんこう科、放射線科、麻酔科
病床数/199床

写真イメージ

このページの先頭に戻る