業務用・産業用のお客さまへの各種製品・サービスは、Daigasエナジー㈱がご提供いたします
Daigasエナジー

メニュー

商業施設さま向けソリューション

商業施設さまのお悩みの解決をお手伝いいたします。最適なエネルギーシステムの構築だけでなく、カーボンニュートラルに対応したソリューションのご提案、いざというときのためのBCP策定のお手伝いまで、さまざまな分野でDaigasエナジーがサポートいたします。

1.省エネ・省CO2・省コストと快適性を両立できるエネルギーシステムを構築。設備の一括管理や設備導入時のイニシャルレスサービスもご用意。 1.省エネ・省CO2・省コストと快適性を両立できるエネルギーシステムを構築。設備の一括管理や設備導入時のイニシャルレスサービスもご用意。

省エネと省CO2を実現し、かつ来店されるお客さまに快適に過ごしてもらうための環境づくりは、これからの商業施設運営にとって欠かせない要素です。当社は、ガス空調と電気空調を組み合わるなど、最適なエネルギーミックスを提案いたします。施設全体で最適なエネルギーを組み合わせることで、運営コストの削減にも効果を発揮します。

ガス空調は、電気空調と比較して消費電力が大幅に少ない点と、排熱を有効利用するので寒い日でも暖房能力を維持する点が 主な特長です。契約電力を大きく低減して電気料金を抑え、さらに、経済的なガス料金で、空調ランニングコストを抑えることができるのもメリットです。

ガスヒーポンと電気ヒーポンの消費電力の比較グラフと暖房能力の比較図

快適な空調・換気環境の提供サービス「D-Airing」は、全熱交換器を使って換気を行い、建物内の空気を常にきれいに保ちます。CO2濃度を計測し、「密と換気状況の見える化」を行うことも可能です。

Daigasグループは、設備の一括管理も承っています。一括して管理を行うことで設備管理の手間を減らすだけでなく、エネルギー会社として長年培ってきたノウハウを活用することで、全体最適化された運用を実現します。

他にも、食品廃棄物などのバイオマスをお客さまの施設内でエネルギーとして有効利用するサービス(バイオマスのオンサイト有効利用サービス「D-Bio」)や、井水などをご利用の際の水処理(水処理ソリューションサービス「D-Aqua」)など、省CO2・省コストに加え環境負荷低減にも資するサービスを揃えています。

設備導入の際には初期投資不要でご利用いただけるエネルギーサービスもご用意しています。ぜひご相談ください。

  • ※ご契約に際しては当社所定の審査が必要となります。
イニシャルレス・スキームイメージ図
2.温室効果ガスの排出を実質ゼロにするカーボンニュートラル。その実現に貢献する都市ガスや電気をご提案。イニシャルレスサービスもご用意。 2.温室効果ガスの排出を実質ゼロにするカーボンニュートラル。その実現に貢献する都市ガスや電気をご提案。イニシャルレスサービスもご用意。

地球温暖化を防ぐために必要とされているのが、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの排出削減です。日本は現在、温室効果ガスの排出を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」を2050年までに達成するという目標を立てています。

こうした「カーボンニュートラル」の流れを受けて注目されているのが、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーです。当社も、初期投資ゼロで取り組むことができる自家消費型の太陽光発電サービス「D-Solar」や、新設非FIT電源を中心とした再生可能エネルギー電気料金メニューの「D-Green」などのメニューをご用意しています。

D-Solarとは、お客さまの「CO2排出量削減」と「BCP対策強化」を初期投資ゼロで実現するサービスです。
  • ※1 ここでの「初期投資」とは、D-Soler導入に関する施工関連費用(工事代金・機器代金・設計技術費用等)を指しており、契約金額に応じた印紙代や、太陽光パネルの設置可否を判断する建物構造計算などの諸費用は別途発生します。
  • ※2 ご契約に際しては当社所定の審査が必要となります。
D-Greenのサービス概要図 D-Greenのサービス概要図
  • ※1 非化石証書とは、非化石エネルギー源に由来する電気の環境価値を証書化したもので、小売電気事業者が調達してお客さまに提供することにより、お客さまのCO2排出量の削減が認められています。
  • ※2 当社がこの電気を調達する費用の一部は、当社のお客さま以外の方も含め、電気をご利用の全ての皆さまから集めた賦課金によってまかなわれています。

ガスの採掘から燃焼に至るまでに発生する温室効果ガスの排出を、環境保全プロジェクト等におけるCO2クレジットで相殺(カーボンオフセット)した「カーボンニュートラルな都市ガス」のご提案も可能です。

当社では、今後ますます重要性を増していく脱炭素化に対応できるエネルギーの選択肢をご用意しています。

3.非常時でも電気と熱を供給可能なコージェネレーションシステムで事業継続・地域貢献を実現。 3.非常時でも電気と熱を供給可能なコージェネレーションシステムで事業継続・地域貢献を実現。

豪雨や地震をはじめとする自然災害時にも事業を継続し、来店されるお客さまや従業員の安全を確保するためにはBCP(事業継続計画)の策定が必要です。ただし、停電時にも電力を供給するための非常用発電機を導入するには、燃料の備蓄や設置スペースの確保などの問題をクリアしなければなりません。

当社がご提案する「非常用発電機兼用コージェネレーションシステム」は、通常時はガスをエネルギー源として発電するとともに、発電時の排熱を冷暖房などに有効利用できます。
ガスの供給には耐震性を強化した導管を利用していますので、自然災害時や停電時にも発電を継続でき、安心してご利用いただけます。

ガスコージェネレーションシステムを、非常時の防災電力をまかなうための非常用発電機として兼用するシステムです。

大規模な商業施設では、自然災害時に地域の防災拠点として機能することが求められる場合もあります。照明や空調などの重要負荷へ給電を継続し、地域住民の一時避難場所として提供することで地域貢献を図ることができます。また、非常時だけ活用するのではなく、通常の営業時にも活用することができるシステムを採用することで、エネルギーだけでなく設置スペースの有効活用も可能です。「いざというとき」のためにどう備えるか、ぜひ当社にご相談ください。

お問い合わせはこちら

このページの先頭に戻る