芋、蛸、南瓜の夏の煮物

印刷する

ジャンル / 和  調理方法 / 煮る  温・冷 / 温菜  主な食材 / 野菜
エネルギー(大人1人分) / 146kcal  調理時間 / -分 食塩相当量 / 1.7g 糖質 / 18.9g
アレルギー / -

芋、蛸、南瓜の夏の煮物

タコは高たんぱくで低脂質、さらにビタミン、ミネラルが豊富で、夏バテ予防や免疫力アップにもぴったりな食材。調理の際、煮汁を煮詰めず冷まして味を含ませることで、摂取する調味料の塩分を控えることができます。

材料・調味料

約4人前  total 574kcal

使用材料・調味料 数量(g) 熱量(kcal) 糖質(g) 食塩相当量(g)
蛸の足(茹で蛸) 120 118 0.1 0.7
Aだし汁 135 3 0.4 0.1
A酒 15 16 0.7 0
A砂糖 8.1 31 8 0
A味醂 6 26 4.7 0
A水飴 6.3 21 5.4 0
A濃口醤油 10.8 10 1.4 1.5
Aたまり醤油 3.6 4 0.6 0.5
B昆布 3 3 0.2 0.3
B削り鰹 3 11 0 0
子芋 300 174 32.4 0
Cだし汁 180 4 0.5 0.2
C味醂 16.5 40 7.1 0
C削り鰹 3 11 0 0
C薄口醤油 10.8 4 0.5 1.7
南瓜(25g×4) 100 49 8.1 0
Dだし汁 / D酒 90 / 7.5 2 / 8 0.3 / 0.4 0.1 / 0
D味醂 5.4 13 2 0
D薄口醤油 5.4 3 0.4 0.9
D濃口醤油 5.4 4 0.5 0.8
オクラ 60 18 1.0 0
練り芥子 4 13 1.6 0.3

作り方

作り方1

蛸の足は圧力なべで20分茹でる。

作り方2

鍋にAのだし汁と調味料、 蛸の足、Bの昆布、ガーゼに包んだ削り鰹(追い鰹)を入れて煮る。(加熱A)冷まして味を含ませる。

作り方3

南瓜は適当な大きさに切り、皮が少し残るようにむく。

作り方4

子芋は形を揃えて六方むきにし、しばらく水にさらす。

作り方5

ホテルパンに子芋、南瓜を並べ、蒸す。(加熱B)

作り方6

鍋に子芋とCのだし汁、調味料、削り鰹を入れて煮る。(加熱C)

作り方7

Dのだし汁、調味料を合わせ、南瓜を入れて煮る。(加熱C)

作り方8

取り出した南瓜・子芋を、そのまま冷まして味を含ませる。

作り方9

オクラはがくの部分を剥き、切り込みを入れる。表面を塩でもんで、うぶ毛を取りのぞき洗う。ホテルパンに並べ、蒸す。(加熱D)取り出したオクラを氷水に落として水気を取る。

作り方10

オクラを南瓜の煮汁につける。 器に盛り付け、熱湯で練った芥子を添える。

加熱モード

加熱 モード 温度 湿度 時間 風量
A コンビ 120℃ 60% 50分
B スチーム 100℃ - 20分
C コンビ 120℃ 60% 20分
D スチーム 100℃ - 5分

シェフからのワンポイントアドバイス

具材を下茹で、蒸すことで少ない煮汁で煮ることができます。煮詰めず、冷ましながら味を含ませるのも、減塩のポイントです。

スチコンを使ったスペシャルレシピを紹介

スチコンスペシャリテ

▲

スチコンの体験セミナーはコチラ
プロ向け業務用厨房機器体験型ショールーム