必要な調理器具は?(ホテルパン・その他)

写真

スチコンで料理する場合、必ず必要となるのが【ホテルパン】です。
ホテルパンは、フライパン・鉄板・鍋・焼き網・蒸籠など、様々な調理器具の役目を果たします。
料理に応じて、ホテルパンのサイズ・深さ・素材・表面や形状の加工などを使い分ける必要があります。以下を参照ください。

※ホテルパンは国際規格商品です。

主なホテルパン

サイズ
1/1((530mm×327mm(外寸))を基本に、半分なら1/2,3分の1なら1/3などと表示され、1/12〜2/1の11サイズあります。調理食数に応じて、ホテルパンを使い分ける場合など、ラックに差しこめる幅のサイズの物を選ぶのが一般的です。場合によっては、グリッドを差し込み、その上にのせる場合もあります。
深さ
20〜25mmの薄型は、主に焼き物に使用します。
40mmは、フライパンの代わりとして炒め物によく使われます。
65mmの深型は、鍋の代わりとしてお汁などが多い料理に使われます。
その他、150mmや300mmなどの深いタイプもありますが、低温長時間調理の煮物などで使用する場合もありますが、あまり一般的ではありません。
20〜65mmが使用しやすい深さになります。
素材
ステンレススチールまたはアルミが、最も多く使用されている素材になります。
それぞれの特徴ですが、
  剛性 熱伝導 重さ
ステンレス 強い 良い 少し重い
アルミ 少し弱い 非常に良い 軽い
購入価格は一般的にアルミはステンレスに比べ高価です。
加工(表面)
表面にフッ素加工を施した製品があります。フライパンなどと同様、焦げ付きが少なく、洗浄が簡単です。
加工(表面)写真
加工(形状)
波型プレスタイプは、油分が溝に流れるので油分カットができます。穴あきタイプ(写真)は、スチーム調理の際に均一に蒸気が行き渡ります。
加工(形状)写真
グリッド
グリル料理に使用したり、上記サイズの欄で記載したとおり、ラックに差しこめないサイズのホテルパンをのせる場合にも使用します。
グリッド写真
焼き網(中敷)
ホテルパンの中に入るサイズの網は、揚げ物調理や揚げ物の再加熱に使用します。
焼き網(中敷)写真
煮物調理などの鍋蓋に使用します。
蓋写真

その他の備品

オーブンペーパー
焦げ付きやすい場合に、ホテルパンに敷いておくと食材がホテルパンにくっつくのを 防ぐとともに、汚れも最小限で済みます。
クッキングペーパー
落し蓋に使用するとアク取り効果もあるので、煮物などの場合には便利です。
オーブンミット
ホテルパンを取り出す際に、使用する耐熱手袋です。手が入るだけのサイズや、肘までカバーするような長いタイプもあります。また、素材も布や、布の表面をシリコンコーティングしたもの、全てがシリコンでできたものなど、様々です。
はかり(秤)
1/1 65mmで8Kgまで計量可能な電子秤があれば問題ありません。その他調味料を計量するための0.1g単位で計量できる電子秤もあると味のばらつきを防げます。

ページトップへ

スチコンの体験セミナーはコチラ
プロ向け業務用厨房機器体験型ショールーム