業務用・産業用のお客さまへの各種製品・サービスは、Daigasエナジー㈱がご提供いたします
Daigasエナジー
空調
クリーンエネルギー天然ガスを利用して環境にやさしく、お客さまの省エネ・省コストにもつながるガス冷暖房。
大阪ガスなら施設の規模や使い方に合わせた様々な機器・設備をお選びいただけます。

空調導入事例

  • Vol.03
  • 京田辺市立 三山木保育所さま

公共施設としてのあるべき姿を追求。
GHP「エクセルプラス」と「ジェネライト」で
停電時にも子どもたちの笑顔を守る。

高度な省エネ、環境性、電源セキュリティ。
2015年春、ハイスペックなモデル施設として新生。

5つの家が集まったような外観デザインが街並に調和。念願の、運動会ができる広々とした園庭も。

5つの家が集まったような外観デザインが街並に調和。念願の、運動会ができる広々とした園庭も。

これからの公共施設は、どうあるべきか。2015年3月、市立三山木保育所は、大阪ガスの協力も得て、最先端の省エネモデル施設として大きく生まれ変わりました。京田辺市は、京都府南部に位置する田園都市。同志社大学のキャンパスを擁し、大阪府・奈良県に接する人気のベッドタウンとして、子育て世代を中心に転入による人口増加が続いています。特に当所のある南エリアは、6100人規模の大規模開発が、今まさに進行中。子育てNo.1の街を目指し、市ではさまざまな先進的取り組みを推進しています。
当所の旧施設は、40年以上も増改築を重ね、空調もEHPのみでした。今回、老朽化による施設整備計画を機に、待機児童対策として定員200人超への大幅増員と、ゆとりある上質な保育環境実現のため、新築移転を決定。単なる施設の拡大ではなく、省エネ・省コストはもちろん、地球温暖化対策・低炭素社会実現への貢献、さらには防災・防犯等も全て含めて、市としてこれまでにないチャレンジをしていくことになりました。新しい施設のコンセプトは「みんなの家」。こうした趣旨を踏まえ、空調についての提案を大阪ガスにお願いしました。

園児の安全を守るために、停電時の対策を強化。
電源自立型空調GHP「エクセルプラス」を選択。

停電時にも運転可能な「エクセルプラス」(5機)が、1日中園児たちの笑顔を守る。

停電時にも運転可能な「エクセルプラス」(5機)が、1日中園児たちの笑顔を守る。

今回、複数のプランの中から「子どもたちにとって、一番いい環境が作れるのは?」という観点で評価、機器を決定しました。 まず、主軸となったのがGHP「エクセルプラス」。停電時に自立運転が可能で、冷暖房・照明等への電力供給もできるハイスペックなGHPです。12ある保育室のために、5機を導入。ガスが供給されていれば、全保育室の照明用電力が確保できるようにしました。
当所は避難所の指定こそ受けていませんが、朝7時から夕方7時まで多くのお子さまを預かる施設。自宅より長い時間を過ごす場合もあり、快適性・安全性の担保は、子どもたちの命にも関わる重要なポイントです。近年増加している落雷で万が一停電した際、周辺が真っ暗でもここだけは明るい。そんな明かりの点く安心感で、子どもたちをやさしくしっかりと守る。それは同時に、保護者の皆さまの安心にもつながります。さらには、PCや携帯電話の充電等の電源を確保することもできるので、より安心です。

ガスコージェネレーションで、さらなる省エネを。
今後は、同志社大学と連携した環境評価へ。

玄関ホールのモニターで、エネルギーの見える化も図っている。

玄関ホールのモニターで、エネルギーの見える化も図っている。

さらに、マイクロコージェネレーション「ジェネライト」も導入。ガスで発電し、その際に発生する熱を厨房の給湯に有効利用しています。こちらも停電対応型で、共用部の照明用電力を確保します。こうした先進的取り組みについて、同志社大学理工学部との連携で、今後、検証を行っていく予定です。どんないいデータが得られるか、私たちもさらに工夫を重ねると同時に、その結果を楽しみにもしています。
この新しい施設を、3月に卒園する子どもたちにも、たとえ1週間でいいから経験させてあげたい。そんな思いから、本来の工期を前倒しして3月15日に開所式ができました。手作りの資料で施設を紹介。保護者の皆さまの喜びの声は、大変励みになりました。
公共施設とは、言ってみれば、みんなの家。「もし自分の家だったら?」という視点を、常に大切にしています。ここ三山木保育所で得られた素晴らしい成果を、市民の皆さまへしっかりとお返ししていくために、これからも職員一同、努力を続けていこうと、思いを強くしています。

今回紹介した施設

  • 京田辺市立 三山木保育所

    鉄筋コンクリート2階建て。保育所に子育て支援センターや一時保育室も併設した、地域の子育ての拠点施設です。玄関ホールに入ると、明るく広々とした吹き抜けがお出迎え。12ある保育室は全室南向きで、とても居心地のいい空間になっています。ガス冷暖房の他、太陽光発電や雨水利用、さらには京都府産の木材も使用する等、さまざまな知恵と工夫を結集した施設が実現しました。市内外からの見学のご要請等にもお応えしていけたら、と考えていますので、市役所までどうぞお問い合わせください。

    • 所在地:
    • 〒610-0313 京都府京田辺市三山木上谷浦21-1他
      【京田辺市役所】
      〒610-0393 京都府京田辺市田辺80
  • 京田辺市立 三山木保育所
一覧に戻る
  • 受付時間24時間365日エネルギーコンタクトセンター空調のことなら何でもお気軽に! 0120-506-914
  • エネルギーコンタクトセンターとは
  • ガス冷暖房に関するお問い合わせ

このページの先頭に戻る