製菓・製パンオーブンレシピ

2018.2.28 更新!

ブリオッシュのレシピ

今回の先生:
辻製菓専門学校 浅田紀子先生
昔ながらのブリオッシュ生地を使って、3つの製品を紹介します。
ガスオーブンで焼くと火通りも良く、ブリオッシュ・オランデーズはサクッと口どけのよいブリオッシュに焼けます。
庫内の温度が下がりにくいため短時間で焼くブリオッシュ・ア・テットは、しっとりとしたブリオッシュに焼けます。
いろんなブリオッシュをお楽しみ下さい。

辻製菓専門学校 浅田紀子先生

recipe01ブリオッシュ・ア・テット
粉に対してバターと卵が50%ずつ配合されたリッチな生地です。
レシピを見る

ブリオッシュ・ア・テット

recipe02パン・オ・レザン
ブリオッシュの生地をアレンジした菓子パンです。中に使うクリームやフィリングは好みのものをお使いください。
ケースを使って作ることでより高さを出すこともできます。
レシピを見る

パン・オ・レザン

recipe03ブリオッシュ・オランデーズ
オランダの風車をモチーフにしたブリオッシュです。薄く焼くことで火通りが良く、マカロン生地の香ばしさとブリオッシュ生地の歯切れの良さが特徴です。
レシピを見る

ブリオッシュ・オランデーズ

関連サイトへのリンク

関西文化研究会
料理人による料理人のための情報発信・交流サイト。
ガス製菓・製パンオーブンを探す
大阪ガス業務用厨房機器ページをご覧いただけます。

▲